前回は熱伝導率についてご説明しました。
 今回は、この熱伝導率を使用して、熱抵抗値(R値)を計算する方法をご説明します。

 熱抵抗値は、部位の熱の通りづらさを表す数値です。
 単位は(㎡K/W)になります。
 熱抵抗値は、大きいほど熱が通りづらいことを表します。
 同じ材料でもその厚さが変われば、熱の通りづらさは変わります。たとえば、同じ断熱材でも厚さが厚くなれば、その分断熱性能は高まります。
 熱抵抗値は、熱貫流率(U値)を計算するときに使用します。

 熱抵抗値は、熱伝導率と厚さから計算で求めます。
 式は簡易に書きますと以下のようになります。
 [熱抵抗値] = [厚さ] ÷ [熱伝導率]

 厚さの単位は(m)、熱伝導率の単位は(W/mK)、熱抵抗値の単位は(㎡K/W)です。

 たとえば、グラスウール断熱材16K(熱伝導率:0.045W/mK)が100mm(0.1m)のとき、熱抵抗値を計算する式は以下のようになります。
 0.1 ÷ 0.045 = 2.222(㎡K/W)

 この式を見るとわかりますが、厚さが大きいほど、熱伝導率が小さいほど、熱抵抗値は大きくなります。つまり、断熱性能を高めるためは、材料を厚くするか、または熱伝導率の小さい材料を使用すればよいことがわかります。

 なお、空気層の場合は、上記の式で計算するのではなく、状態により熱抵抗値が決まります。
 また、窓・ドアは熱抵抗値を計算しません。

 熱抵抗は材料だけでなく、材料の表面にもあります。これを表面熱伝達抵抗と言います。